足利義昭

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
足利 義昭
Ashikaga Yoshiaki.jpg
時代 室町時代末期(戦国時代) - 安土桃山時代
生誕 天文6年11月13日(1537年12月15日)
死没 慶長2年8月28日(1597年10月9日)
改名 千歳丸→覚慶(法名)→義秋→義昭→昌山道休(法名)
別名 貧乏公方
戒名 霊陽院昌山道休
墓所 京都府京都市北区の等持院
官位 従五位下・左馬頭、参議・左近衛中将
征夷大将軍、従三位・権大納言、准三后
幕府 室町幕府
第15代征夷大将軍(在任:永禄11年(1568年) - 天正16年(1588年))
氏族 足利氏(将軍家)
父母 父:足利義晴、母:慶寿院(近衛尚通の娘)
猶父:近衛稙家
兄弟 義輝、義昭、周暠
正室:なし
側室:さこの方(赤松政秀娘、織田信長養女)、小宰相局(大河内氏)、一対局、春日局、大蔵卿局、小少将局(いずれも出自不詳)
義尋、一色義喬?、永山義在?、矢島秀行?
猶子:義演(二条晴良息、三宝院門跡)
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました