新田義貞

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
新田 義貞
新田義貞公肖像.jpg
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 正安3年(1301年)
死没 延元3年/建武5年閏7月2日(1338年8月17日)
別名 小太郎(通称)
戒名 源光院殿義貞覺阿彌陀佛尊位
金龍寺殿眞山良悟大禅定門
墓所 福井県坂井市丸岡町長崎の称念寺
茨城県龍ケ崎市若柴町の金竜寺
官位 正四位下、左馬助、上野守、播磨守、越後守、左衛門佐、左兵衛督、左近衛中将
贈正二位、大納言のち正一位
幕府 鎌倉幕府→建武の新政
主君 北条高時→後醍醐天皇
氏族 河内源氏義国流新田氏
父母 父:新田朝氏、母:不詳
兄弟義貞、脇屋義助、大舘宗氏室
小田真知女、天野民部橘時宣女ほか
義顕、義興、義宗、式部権少輔貞員、式部大夫義冬、娘(千葉氏胤室)、嶋田義央(義峰)、娘(井上頼国室)、熊谷貞直?
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました