徳川秀忠

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
徳川 秀忠
Hidetada2.jpg
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正7年4月7日(1579年5月2日)
死没 寛永9年1月24日(1632年3月14日)
改名 長松(長丸)→竹千代(幼名)→秀忠
別名 江戸中納言、江戸右大将
戒名 台徳院殿興蓮社徳譽入西大居士
墓所 増上寺
官位 従五位下・侍従、蔵人頭、正五位下
武蔵守、従四位下、正四位下
右近衛少将、参議、右近衛中将、
従三位・権中納言、権大納言、従二位
右近衛大将、正二位・内大臣、
征夷大将軍、従一位・右大臣、太政大臣、贈正一位
幕府 江戸幕府:2代目将軍
(在任1605年 - 1623年)
氏族 徳川将軍家
父母 父:徳川家康
母:西郷愛子
養母:阿茶局
兄弟 信康、亀姫、督姫、結城秀康、秀忠、松平忠吉、振姫、武田信吉、松平忠輝、松千代、仙千代、松姫、義直、頼宣、頼房、市姫
正室:小姫
御台所(継室):浅井江
千姫、珠姫、長丸、勝姫、初姫、家光、忠長、和姫、保科正之ほか養女多数
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました