丹羽長秀

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
丹羽 長秀
Niwa Nagahide2.jpg
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文4年9月20日(1535年10月16日)
死没 天正13年4月16日(1585年5月15日)
改名 万千代(幼名)、丹羽長秀→惟住長秀
別名 惟住長秀
通称:五郎左衛門尉
渾名:鬼五郎左、米五郎左
戒名 総光寺大隣宗徳
墓所 福井県北之庄総光寺の宗徳寺
官位 越前守
主君 織田信長→秀信→豊臣秀吉
氏族 良岑姓丹羽氏(惟住贈姓、羽柴氏)
父母 父:丹羽長政、母:能呂氏女
兄弟 長忠、長秀、秀重、女(松原伊賀守室)、女(大津長昌室、後に蜂屋頼隆室)
正室:桂峯院(深光院)(織田信広娘・織田信長養女)
側室:杉若無心娘
長重、長正、藤堂高吉、蜂屋直政、長俊、長紹(長次)、決光院(赤田堅室)、撃林院(粟屋勝久室)、定光院(稲葉典通正室)、長清院(青山宗勝室)、円光院(古田重治正室)、栄輝院(山田高定室)、女(伊木忠次室)、種橋成章室(種橋一章母)
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました