武田勝頼

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
武田 勝頼 / 諏訪 勝頼
Takeda Katsuyori.jpg
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文15年(1546年)
死没 天正10年3月11日(1582年4月3日)
改名 諏訪勝頼→武田勝頼
別名 伊奈勝頼、通称:四郎
戒名 景徳院殿頼山勝公大居士
墓所 法泉寺、景徳院(山梨県)
妙心寺玉鳳院(京都府京都市)
高野山奥の院(和歌山県)
官位 大膳大夫(公称)、左京大夫?(『言経卿記』天正10年3月22日条)
幕府 室町幕府信濃守護職
主君 武田信玄
氏族 神氏諏訪氏→源姓武田氏
父母 父:武田信玄
母:諏訪御料人
兄弟 義信、海野信親、信之、勝頼、仁科盛信、葛山信貞、信清、黄梅院、菊姫他
正室:龍勝院(遠山直廉の娘、織田信長養女)
継室:北条夫人(北条氏康六女)
信勝、男(周哲大童子)、勝親、貞姫(宮原義久室)、他
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました