安藤信正

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
安藤信正
Ando Nobumasa.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政2年11月25日(1820年1月10日)
死没 明治4年10月8日(1871年11月20日)
改名 欽之進、欽之介、信睦
別名 鶴翁、欽斎、晩翠(号)
戒名 謙徳院殿秀譽松巌鶴翁大居士
墓所 川嶋山楢騎士院良善寺
官位 従五位下・伊勢守、長門守、対馬守、従四位下、侍従
幕府 江戸幕府雁間詰、奏者番、寺社奉行、若年寄、老中、勝手掛老中、溜間詰
主君 徳川家慶、家定、家茂
陸奥国磐城平藩主
氏族 安藤氏
父母 父:安藤信由、母:松平信明娘
兄弟信正、板倉勝成、正子、力子
松平宗発娘
信民、信守、鈺子、内藤正誠正室
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました