黒田長政

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
黒田 長政
Kuroda Nagamasa.jpg
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄11年12月3日(1568年12月21日)
死没 元和9年8月4日(1623年8月29日)
改名 松寿丸(幼名)→長政
別名 吉兵衛(通称)
神号 武威円徳聖照権現・黒田大明神・黒崎大明神
戒名 興雲院殿前大中大夫筑州都督古心道ト大居士
霊名 ダミアン
墓所 福岡県福岡市博多区の崇福寺
京都府京都市北区の大徳寺塔頭龍光院
福岡県朝倉市の古心寺
和歌山県高野山奥の院
官位 従五位下、従四位下、甲斐守、筑前守、贈正三位
幕府 江戸幕府
主君 織田信長→豊臣秀吉→秀頼→徳川家康→秀忠
筑前福岡藩主
氏族 黒田氏(※幼少時は小寺姓)
父母 父:黒田孝高(官兵衛・如水)
母:櫛橋光(櫛橋伊定娘)
兄弟長政、熊之助

正室:糸姫(蜂須賀正勝娘・豊臣秀吉養女)
継室:栄姫(保科正直娘・徳川家康の姪で養女)

側室:筑紫広門の娘(長徳院)
忠之、政冬(甚四郎)、長興、高政、菊子(井上庸名室)、徳(榊原忠次正室)、亀子(池田輝興正室)
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました