島津継豊

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
島津継豊
時代 江戸時代中期
生誕 元禄14年12月22日(1702年1月19日)
死没 宝暦10年9月20日(1760年10月28日)
改名 鍋三郎(幼名)、忠休(初名)、継豊
別名 又三郎(通称)
神号 常隆眞秀香彦命
戒名 宥邦院殿円鑑享盈大居士
墓所 鹿児島県鹿児島市池之上町の島津家墓地
官位 従四位上左近衛中将、大隅守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗→家重
薩摩鹿児島藩主
氏族 島津氏
父母 父:島津吉貴
母:側室・須磨(名越恒渡(右膳)の妹)
兄弟 多数(島津吉貴の項参照)
正室:皆姫(毛利吉元の娘)
継室:竹姫(徳川綱吉の養女、清閑寺熈定の娘)
宗信、重年、久峰、鐘、鉄、眞含院、入来院定勝、樺山久倫室ら
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました