前田利長

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
前田 利長
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄5年1月12日(1562年2月15日)
死没 慶長19年5月20日(1614年6月27日)
改名 犬千代(幼名)→ 利勝(初名)→ 利長
別名 通称:孫四郎、肥前守、越中少将
戒名 瑞龍院殿聖山英賢大居士
墓所 前田利長公墓所、瑞龍寺(菩提寺)
野田山墓地、長齢寺、高野山
官位 従五位下・肥前守、従四位下・侍従
左近衛権少将、左近衛権中将、参議、従三位・権中納言、贈正二位・権大納言
主君 織田信長 → 秀信 → 豊臣秀吉 → 秀頼 → 徳川家康
加賀国加賀藩主
氏族 菅原姓前田氏
父母 父:前田利家、母:まつ
兄弟 幸(前田長種室)、利長、蕭(中川光重室)、加賀殿(豊臣秀吉側室、万里小路充房室)、豪(秀吉の猶子、宇喜多秀家室)、与免
正室:永姫(織田信長の娘)
満姫(石姫、蓮成院)
養子:利常
養女:先勝院古那(のちの祖心尼)、(青山長正室)、永寿院(青山吉次室)、竹島殿(久香院、前田直知室)
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました