斎藤義龍

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
斎藤 義龍 / 斎藤 高政
Saitō Yoshitatsu.jpg
時代 戦国時代
生誕 大永7年6月10日(1527年7月8日)または享禄2年(1529年)
死没 永禄4年5月11日(1561年6月23日)
改名 豊太丸(幼名)→斎藤利尚→斎藤范可→斎藤高政→一色義龍
別名 通称:新九郎、治部大輔、左京大夫
戒名 雲峯玄龍居士
墓所 岐阜県岐阜市常在寺
官位 治部大輔、左京大夫、美濃守
幕府 室町幕府美濃国守護代/相伴衆
主君 土岐頼芸→足利義輝
氏族 斎藤氏・一色氏
父母 父:斎藤道三、母:深芳野
兄弟義龍、孫四郎、喜平次、利堯、利治(長龍)、帰蝶(織田信長正室)、女子(斎藤利三正室)、女子(姉小路頼綱正室)、女子(土岐頼純室)、女子(稲葉貞通正室)、女子(斎藤利之妻、斎藤元忠の母)、義兄弟:正義
正室:近江の方(浅井久政の養女で亮政の娘)、継室:一条氏、後室:某
龍興、 菊千代(早世)、伊勢貞良室、池田元助室(長井隼人佐養女)、馬場殿、女
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました