羽柴秀勝

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
羽柴 秀勝
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永禄12年(1569年)
死没 天正13年12月10日(1586年1月29日)
別名 幼名:於次あるいは於次丸
通称:丹波少将、丹波中納言
戒名 瑞林院殿賢岩才公大禅定門
大善院松貞圭岩大居士
墓所 大徳寺総見院、知恩寺瑞林院、高野山、阿弥陀寺
官位 従五位下・丹波守、正四位上・侍従、従三位・左近衛権少将、正三位・権中納言
氏族 織田氏→羽柴氏(豊臣氏)
父母 父:織田信長、母:養観院
養父:羽柴秀吉、養母:寧々
兄弟 異母兄弟:信忠、北畠信雄、神戸信孝、羽柴秀勝、勝長、信秀、信高、信吉、信貞、信好、長次、信正
義兄弟:秀勝(石松丸)、鶴松、秀頼、秀俊秀次秀勝(小吉)豪姫秀家秀康
毛利輝元の養女(内藤元種の女)
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました