島津忠義

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
島津 忠義
Shimazu Tadayoshi.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保11年4月21日(1840年5月22日)
死没 明治30年(1897年)12月26日
改名 壮之助(幼名)→忠徳(初名)→茂久→忠義
別名 又次郎(通称)
墓所 鹿児島県鹿児島市池之上町の島津家墓地
官位 従四位下・大隅守、左近衛少将、修理大夫、議定、従一位・参議
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂 → 慶喜 → 明治天皇
薩摩鹿児島藩主、鹿児島藩知事
氏族 島津氏
父母 父:島津久光、母:島津千百子(島津忠公の娘)
養父:島津斉彬、養母:恒姫
兄弟 於儔、忠義、於定、於哲、久治、包次郎、於寛、珍彦、忠欽、於郷、忠経、忠済、
於住、於俊、芳之進、於民
正室:島津暐子
継室:近衛寧子
継室:板倉棲子
側室:山崎寿満子、菱刈久
清子、充子、常子、知子、貞子、俔子、
忠宝、正子、忠重、忠備、忠弘、久範、
康久、為子
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました