梶原景時

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
梶原 景時
Kajiwara Kagetoki.jpg
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 保延6年(1140年)頃?
死没 正治2年1月20日(1200年2月6日)
別名 平三(へいざ、へいぞう)
戒名 龍泉院梶勝源公
墓所 梶原山公園(静岡市清水区)の梶原堂
鎌倉市深沢小学校敷地内の五輪塔
東京都大田区の万福寺
兵庫県南あわじ市の神宮寺
幕府 鎌倉幕府侍所所司、厩別当
十三人の合議制
主君 源頼朝→頼家
氏族 桓武平氏良文流鎌倉氏・梶原氏・酒匂氏
父母 父:梶原景清、母:横山孝兼の娘
兄弟 景実、景時、朝景
鹿野尼
景季、景高、景茂、景義、景宗、景則、景連
特記
事項
所領である相模国一宮(現・神奈川県寒川町)に館を構える。
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました