毛利輝元

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
毛利 輝元
Mori Terumoto.jpg
時代 戦国時代後期 - 江戸時代前期
生誕 天文22年1月22日(1553年2月4日)
死没 寛永2年4月27日(1625年6月2日)
改名 幸鶴丸(号)
別名 少輔太郎(通称)、羽柴安芸宰相、羽柴安芸中納言、大江輝元
戒名 天樹院殿前黄門雲巌宗瑞大居士
墓所 山口県萩市堀内の沙麓山天樹院跡
官位 従五位下・右衛門督→ 右馬頭→従四位下・ 侍従→参議→従三位・権中納言
幕府 室町幕府 相伴衆・副将軍→江戸幕府
主君 足利義昭→豊臣秀吉→秀頼→徳川家康→秀忠→家光
長州藩藩祖
氏族 大江姓毛利氏
父母 父:毛利隆元)
兄弟輝元、徳鶴丸
正室:南の大方(宍戸隆家の娘)
側室:二の丸殿(児玉元良の娘)、他
秀就、竹姫(吉川広正正室)、就隆
養子:秀元
養女:古満姫(宍戸元秀女、小早川秀秋・准尊室)、羽柴秀勝室(内藤元種の娘)
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました