源頼朝

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
源 頼朝
Minamoto no Yoritomo.jpg
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代前期
生誕 久安3年4月8日(1147年5月9日、先発1147年5月16日)
死没 建久10年1月13日(1199年2月9日、先発1199年2月16日)
享年53(満51歳没)
改名 鬼武者・鬼武丸(幼名)、頼朝
別名 通称:三郎、佐殿、武衛、鎌倉殿、
源二位、右大将軍(右大将)、右幕下
戒名 武皇嘯厚大禅門
墓所 法華堂跡(神奈川県鎌倉市西御門)
白旗神社(鶴岡八幡宮境内)
官位 従五位下、右兵衛権佐、正四位下、従二位、正二位、権大納言、右近衛大将、征夷大将軍
幕府 鎌倉幕府 初代征夷大将軍
(在任:1192年 - 1199年)
氏族 清和源氏頼信流河内源氏
父母 父:源義朝、母:藤原季範の娘(由良御前)
兄弟 義平、朝長、頼朝、義門、希義、範頼
全成、義円、義経、坊門姫、他女子
前妻?:八重姫、正室:北条政子
妾:亀の前、大進局
千鶴丸?、大姫、頼家、貞暁、三幡、実朝
花押源頼朝の花押
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました