佐々木道誉

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
佐々木 導誉 / 京極 高氏
Sasaki Dōyo.jpg
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 永仁4年(1296年))
死没 文中2年/応安6年8月25日(1373年9月12日)
改名 高氏(諱)、峯方、導誉(道誉)
別名 四郎(通称)、京極導誉、佐々木判官
戒名 勝楽寺殿徳翁導誉
墓所 滋賀県犬上郡甲良町の勝楽寺
滋賀県米原市の徳源院
官位 従五位下
幕府 鎌倉幕府 御相供衆
建武政権 室町幕府 引付頭人、評定衆、政所執事
若狭・近江・出雲・上総・飛騨・摂津守護
主君 北条高時→足利尊氏→義詮→義満
氏族 宇多源氏佐々木氏庶流京極氏
父母 父:佐々木宗氏
養父:佐々木貞宗
兄弟 池田定信
正室:二階堂時綱娘、きた(法名・留阿)、ミま
秀綱、六角氏頼室
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました