北条氏康

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
北条 氏康
Ujiyasu Hojo.jpg
時代 戦国時代
生誕 永正12年(1515年)
死没 元亀2年10月3日(1571年10月21日)
改名 伊勢伊豆千代丸(幼名) → 北条氏康
別名 通称:新九郎、号:太清軒
渾名:相模の獅子、相模の虎
戒名 大聖寺殿東陽宗岱大居士
墓所 神奈川県足柄下郡箱根町早雲寺
官位 従五位上、相模守、左京大夫
氏族 伊勢氏 → 北条氏(桓武平氏)
父母 父:北条氏綱
母:養珠院宗栄
兄弟氏康、為昌、氏尭、大頂院殿、浄心院、高源院、芳春院、ちよ、蒔田殿(吉良頼康室)北条(福島)綱成(義弟)
正室:瑞渓院(今川氏親の娘)、側室:遠山康光室の姉妹、松田殿(松田憲秀娘)
氏親、氏政、七曲殿、氏照、尾崎殿、氏規、長林院殿、蔵春院殿、氏邦、上杉景虎、浄光院殿、桂林院殿、早川殿
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました