北条高時

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
北条 高時
Hōjō Takatoki.jpg
時代 鎌倉時代末期
生誕 嘉元元年12月2日(1304年1月9日)
死没 元弘3年/正慶2年5月22日(1333年7月4日)
改名 成寿丸(幼名)→高時→崇鑑(法名)
神号 徳崇大権現
戒名 日輪寺殿崇鑑
墓所 鎌倉市小町 東勝寺跡のやぐら
官位 正五位下、相模守、修理権大夫、従四位下
幕府 鎌倉幕府第14代執権
主君 守邦親王
氏族 北条氏(得宗)
父母 父:北条貞時、母:覚海円成(安達泰宗の娘)
兄弟 覚久、菊寿丸、高時、泰家、崇暁、金寿丸、千代寿丸、北条師時室、北条熙時室、土岐光定室、北条時基室
正室:安達時顕の娘
側室:常葉前(御内人五大院宗繁の妹)
側室:二位局
邦時時行、女子2人
養子:治時
花押北条高時の花押
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました