小早川秀秋

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
小早川 秀秋 
Kobayakawa Hideaki 2.jpg
時代 安土桃山時代
生誕 天正10年(1582年)
死没 慶長7年10月18日(1602年12月1日)(21歳没)
改名 木下辰之助(幼名)→秀俊→羽柴秀俊→小早川秀秋→秀詮
別名 金吾中納言、筑前中納言、岡山中納言(通称)
戒名 瑞雲院秀巌日詮
墓所 岡山県岡山市の瑞雲寺
京都府京都市の瑞雲院
官位 従三位・左衛門督、参議、権中納言
主君 羽柴秀吉(豊臣秀吉)→豊臣秀頼→徳川家康
備前岡山藩主
氏族 木下氏、羽柴氏(豊臣氏)、小早川氏
父母 父:木下家定、母:雲照院
養父:豊臣秀吉小早川隆景
兄弟 木下勝俊、木下利房、木下延俊、
木下俊定、秀秋、木下俊忠、
木下秀規、周南紹叔
古満姫(毛利輝元養女)
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました