松平広忠

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
松平 広忠
時代 戦国時代中期-後期
生誕 大永6年4月29日(1526年6月9日)
死没 天文18年3月6日(1549年4月3日)
改名 千松丸(幼名)→広忠
別名 竹千代、仙千代(幼名)
次郎三郎、三郎、岡崎三郎(通称)
戒名 応政道幹大居士
墓所 愛知県岡崎市鴨田町の大樹寺ほか
官位 贈従二位大納言
主君 今川義元
氏族 松平氏
父母 父:松平清康 母:華陽院
兄弟広忠、信康、俊継尼(吉良義安室)
碓井姫(松平政忠室→酒井忠次室)、成誉
正室:水野大子(水野忠政の娘)
継室:真喜姫(戸田康光の娘)
忠政、恵最、家康
市場姫(荒川義広の妻)
特記
事項
官位、墓所、妻子などには異説もあるので本文参照のこと
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました