小松清廉

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
小松 清廉 / 小松 帯刀
Komatu Tatewaki.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代初期
生誕 天保6年10月14日(1835年12月3日)
死没 明治3年7月20日(1870年8月16日)
改名 肝付 兼戈→小松 清廉
別名 (通称)尚五郎、帯刀
(号)観瀾、香雪齋
墓所 禰寝・小松家墓所(鹿児島県日置市日吉町吉利)
官位 贈従四位・玄蕃頭
幕府 江戸幕府
主君 島津斉彬、忠義
薩摩藩家老
氏族 肝付氏(伴氏)→小松氏(禰寝氏嫡流)
父母 父:肝付兼善、母:島津久貫(又左衛門)の娘
兄弟 肝付兼両、肝付兼次、肝付兼之、清廉、肝付兼文、肝付兼資、肝付兼愛
正室:小松近
側室:三木琴
清直、壽美
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました