蜂須賀正勝

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
蜂須賀 正勝
Hachisuka Masakatsu (Full).jpg
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永6年(1526年)
死没 天正14年5月22日(1586年7月8日)
改名 鶴松(幼名)、蜂須賀利政→正勝
別名 利政、通称:小六、小六郎、彦右衛門
戒名 福聚院殿良巌浄張大居士
墓所 万年山蜂須賀家墓所、興源寺(徳島県徳島市)、高野山奥の院・阿波徳島蜂須賀家墓所(和歌山県)、蓮華寺(愛知県あま市)
下記参照
官位 贈従三位修理大夫
主君 斎藤道三→織田信賢→織田信清→織田信長→豊臣秀吉
氏族 蜂須賀氏
父母 父:蜂須賀正利、母:某氏
兄弟正勝、又十郎、正信(織田喜七郎室)、正元、女(梶浦雅範室)
正室:大匠院または三輪吉高の娘)
側室:白雲院(鳥井越中守の娘)
奈良
特記
事項
『尾張群書系図部集』は、至鎮を次男とし、兄・家政の養子となったとする異説を載せている。
『武功夜話』によれば、前野長康とは義兄弟の契を結んだという。
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました