徳川家定

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
徳川 家定
Tokugawa Iesada.jpg
時代 江戸時代後期-末期(幕末)
生誕 文政7年4月8日(1824年5月6日)
死没 安政5年7月6日(1858年8月14日)(満34歳没)
改名 政之助(幼名)→家祥(初名)→家定
別名 イモ公方
戒名 温恭院殿贈正一位大相国公
墓所 東京都台東区上野の寛永寺
官位 従二位・権大納言、正二位、従一位
右近衛大将、内大臣
贈正一位・太政大臣
幕府 江戸幕府 第13代征夷大将軍
(嘉永6年10月23日(1853年11月23日) - 安政5年7月6日(1858年8月14日))
氏族 徳川将軍家
父母 父:徳川家慶
母:跡部堅子
兄弟 竹千代、嘉千代、円常院、家定
慶昌、暉姫、他多数
御簾中:鷹司任子(天親院)
御簾中:一条秀子(澄心院)
御台所:近衛敬子(天璋院)
側室:志賀
実子:なし
養子:家茂
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました