小栗忠順

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
小栗 忠順
Oguri Tadamasa.jpg
時代 江戸時代末期
生誕 文政10年6月23日(1827年7月16日)
死没 慶応4年閏4月6日(1868年5月27日)
改名 剛太郎(幼名)→忠順
別名 又一(通称)
戒名 陽寿院殿法岳浄性大居士
墓所 東善寺、雑司ヶ谷霊園、普門院
官位 従五位下・豊後守、上野介
幕府 江戸幕府西の丸書院番、使番、目付、外国奉行、寄合席、小姓組番頭、勘定奉行、南町奉行、歩兵奉行、講武所御用取扱、寄合席、陸軍奉行並、勤仕並寄合、軍艦奉行、寄合、海軍奉行並、陸軍奉行並、勤仕並寄合
主君 徳川家慶、家定、家茂、慶喜
氏族 三河小栗氏
父母 父:小栗忠高
母:小栗くに子
正室:道子
国子
養子:鉞子忠道
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました