畠山重忠

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
畠山 重忠
Hatakeyama Shigetada Statue 01.jpg
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 長寛2年(1164年)
死没 元久2年6月22日(1205年7月10日) 享年42
改名 氏王丸、重忠
別名 庄司次郎
戒名 實山宗眞大居士ほか
墓所 畠山重忠公史跡公園(埼玉県深谷市畠山)、重忠首塚(神奈川県横浜市旭区)ほか
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼朝→頼家→実朝
氏族 桓武平氏良文流畠山氏
父母 父:畠山重能、母:三浦義明の娘または江戸重継の娘
兄弟重忠、長野三郎重清、渋江六郎重宗、蓬莱三郎経重?
足立遠元の娘、正室:北条時政の娘
重秀、重保、重政、円耀、重慶、貞嶽夫人(島津忠久室)、女?(足利義純室?)
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました