真田信政

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
真田信政
Sanada Nobumasa.jpg
時代 安土桃山時代から江戸時代前期
生誕 慶長2年(1597年)11月
死没 万治元年2月5日(1658年3月8日)
戒名 円陽院殿威良一中大居士
墓所 長野県長野市松代町松代の長国寺
官位 従五位下、大内記、従四位下、侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠→家光→家綱
信濃埴科藩主→松代藩主
氏族 真田氏
父母 父:真田信之、母:小松姫(本多忠勝の娘)
兄弟 信吉、信政、信重
正室:稲垣重綱の娘
側室:浜松の局、小野国子(小野図子、宗鑑尼、2代目小野お通)
信就、信守、信武(大学)、信福(四男、早世)、幸道、娘(遠山政亮正室)、娘(小出有重正室)、娘(土岐頼長室)、娘(鎌原重俊室)、娘(青山忠雄正室)ら
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました