黒田職隆

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
黒田 職隆
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永4年(1524年)
死没 天正13年8月22日(1585年9月15日)
改名 小寺満隆→小寺職隆→黒田職隆→小寺宗円
別名 識隆(のりたか)、甚四郎、美濃守、兵庫助
戒名 心光院殿満譽宗圓大居士
墓所 黒田職隆廟(兵庫県姫路市飾磨区妻鹿)
大長寺(福岡県福岡市中央区)
主君 (小寺政隆→)小寺則職→小寺政職→織田信長→豊臣秀吉
氏族 小寺氏→黒田氏(自称宇多源氏)
父母 父:黒田重隆(異説あり)、母:妻鹿氏
兄弟職隆、高友、井手友氏、松井重孝
正室:明石正風の娘(小寺政職の養女
孝高、利高、利則、直之、香山妙春(三木清閑の妻)、秋山妙円尼(虎、尾上武則の妻)、心誉春勢(一柳直末、のち伊藤是庵室)、浦上清宗室
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました