大内義隆

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
大内 義隆
Ōuchi Yoshitaka.jpg
時代 戦国時代
生誕 永正4年11月15日(1507年12月18日)
死没 天文20年9月1日(1551年9月30日)
改名 亀童丸(幼名)→義隆
別名 受領名:周防介
戒名 竜福寺殿瑞雲珠天大居士
墓所 大寧寺(山口県長門市)
官位 従五位下
幕府 室町幕府 周防・長門・石見・豊前・筑前守護
主君 足利義晴→義輝
氏族 大内氏
父母 父:大内義興
母:内藤弘矩の娘・東向殿
兄弟 大宮姫(姉、吉見隆頼のち吉見正頼室)、義隆、女(大友義鑑正室)、女(細川持隆正室)、女(一条房冬室)、弘興、女(足利義維正室)
正室:貞子(万里小路秀房の娘)
継室:小槻氏おさいの方
側室:内藤興盛の娘、広橋兼秀の娘・広徳院御新造、服部多門の娘・生駒夫人、大原氏
珠光、義尊、義教、義胤
養子:晴持義長(晴英)尾崎局(毛利隆元室)
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました