片桐且元

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
片桐 且元
Katagiri Katumoto.jpg
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 弘治2年(1556年)
死没 慶長20年5月28日(1615年6月24日)
改名 片桐直盛(直倫)→且盛→且元
別名 直盛、直倫、且盛、通称:助佐または助作
戒名 顕孝院殿東市令三英元居士
墓所 京都府京都市の大徳寺玉林院
静岡県静岡市の誓願寺
官位 従五位下・市正
幕府 国奉行
主君 浅井長政→豊臣秀吉→秀頼→徳川家康
大和竜田藩主
氏族 片桐氏(豊臣贈姓)
父母 父:片桐直貞
兄弟且元、貞隆
正室:片桐半右衛門娘
采女、孝利、為元、
成瀬之成継室、小出某室、畠山政信正室
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました