小笠原長時

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
小笠原 長時
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正11年10月23日(1514年11月9日)
死没 天正11年2月25日(1583年4月17日)
改名 豊松丸(幼名)、長時、湖雪斎(法号)
別名 又二郎、右馬助(通称)
戒名 長時院殿
墓所 福島県会津若松市の大龍寺
官位 従五位上
幕府 室町幕府 信濃守護職
主君 足利義輝→足利義栄→上杉謙信→織田信長→蘆名盛氏
氏族 府中小笠原氏
父母 父:小笠原長棟、母:浦野弾正忠の娘
兄弟長時、信定、清鑑、洞雪斎、統虎、妹(藤沢頼親室)
正室:仁科盛能の娘・仙操院殿梅室春光大姉
長隆、貞次、貞慶
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました