古今亭志ん朝

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
三代目 古今亭ここんてい ちょう
Kokontei Shinchô the 3rd
三代目 古今亭(ここんてい) 志(し)ん朝(ちょう) Kokontei Shinchô the 3rd
古今亭朝太時代(1959年6月6日、当時21歳)
本名美濃部みのべ 強次きょうじ
生年月日1938年3月10日
没年月日 (2001-10-01)2001年10月1日(63歳没)
出身地日本の旗 日本・東京都文京区
師匠五代目古今亭志ん生
弟子六代目古今亭志ん橋
古今亭八朝
古今亭志ん輔
七代目桂才賀
名跡1. 古今亭朝太
(1957年 - 1962年)
2. 三代目古今亭志ん朝
(1962年 - 2001年)
出囃子老松
活動期間1957年 - 2001年
活動内容古典落語
配偶者美濃部聖子(死去)
家族美濃部忠吾(息子)
所属落語協会
(1957年 - 1978年)
落語三遊協会
(1978年)
落語協会
(1978年 - 2001年)
主な作品
火焔太鼓
居残り佐平次
文七元結
受賞歴
芸術選奨文部科学大臣賞(2001年)
備考
落語協会副会長
(1996年 - 2001年)
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました