石田重家

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
石田重家
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕[一説に]天正14年(1586年)か天正16年(1588年)
死没 貞享3年閏3月8日(1686年4月30日)
改名 重家→宗享(法名)
別名 通称:隼人正
諡号 済院宗享大禅師
戒名 宗享
墓所 妙心寺寿聖院
官位 隼人正
主君 豊臣秀頼
氏族 石田氏
父母 父:石田三成、母:皎月院
兄弟重家、重成、深長坊清幽、宗信、
荘厳院(津軽信枚室)、女(山田隼人正室)、女(岡重政室)
不明
[異説に]直重
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました