京極高次

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
京極 高次
Kyogoku takatsugu.jpg
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄6年(1563年)
死没 慶長14年5月3日(1609年6月4日)
改名 小法師(幼名)、高次
別名 羽柴大津宰相、京極侍従、京極若狭守
戒名 泰雲寺殿徹宗道閑
泰雲寺殿前三品相公徹宗道閑大居士
官位 従三位・参議
幕府 江戸幕府
主君 織田信長→明智光秀→豊臣秀吉→秀頼→徳川家康→秀忠
近江大津藩主→若狭小浜藩主
氏族 宇多源氏京極氏
父母 父:京極高吉、母:京極マリア
兄弟高次、高知、竜子、松雲院、朽木マグダレナ
正室:浅井長政の次女・初姫
側室:山田氏、小倉氏
忠高、安毛高政
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました