板倉勝静

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
板倉勝静
Katsukiyo Itakura2.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政6年1月4日(1823年2月14日)
死没 明治22年(1889年)4月6日
改名 万之進(幼名)、松平寧八郎、板倉勝静
別名 庫山、松叟(号)、徳山四郎左衛門、渋井魚輔(変名)
戒名 樹功院殿正四位耆徳松叟大居士
墓所 東京都文京区本駒込の吉祥寺
官位 従五位下左近将監、周防守、従四位下侍従、阿波守、伊賀守、正四位
幕府 江戸幕府 奏者番兼寺社奉行、老中
主君 徳川家慶、家定、家茂、慶喜
備中松山藩主
氏族 久松松平家→板倉氏
父母 父:松平定永、母:随真院
養父:板倉勝職
兄弟 松平定和、勝静、土岐頼之、松平近説
正室:板倉勝職の娘
側室:鶴(下川氏)
勝全(長男)、養子:勝弼
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました