北条泰時

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
北条泰時
YASUTOKI NISHIKI.PNG
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代前期
生誕 寿永2年(1183年)
死没 仁治3年6月15日(1242年7月14日)
改名 金剛(幼名)→北条頼時(初名)→泰時、観阿(法名)
墓所 神奈川県鎌倉市大船 常楽寺
官位 駿河守、武蔵守、讃岐守、左京権大夫、正四位下
幕府 鎌倉幕府侍所別当、六波羅探題北方、3代執権(1224年 - 1242年)
主君 源頼朝→頼家→実朝→藤原頼経
氏族 桓武平氏(北条氏・得宗)
父母 父:北条義時、母:阿波局
兄弟泰時、朝時、重時、有時、政村、実泰、竹殿、一条実雅室(後に唐橋通時室)、他
正室:矢部禅尼(三浦義村の娘)
継室:安保実員の娘、他
時氏、女子(足利義氏室)、時実、公義、女子(三浦泰村室)、女子(北条朝直室)他
花押北条泰時の花押
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました