豊臣秀吉

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
豊臣 秀吉
Toyotomi Hideyoshi c1598 Kodai-ji Temple.png
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文6年2月6日(1537年3月17日、先発1537年3月27日)(『関白任官記』、『豊国大明神臨時御祭礼記録』)
死没 慶長3年8月18日(1598年9月18日)
改名

日吉丸 → 木下藤吉郎 → 木下秀吉 → 羽柴秀吉

(本姓) 平秀吉 → 藤原秀吉→豊臣秀吉
別名 渾名:木綿藤吉、豊太閤、猿、禿げ鼠
神号 豊国大明神
戒名 国泰寺殿霊山俊龍大居士
墓所 豊国神社(京都市東山区)
不動院(広島市東区)
高野山奥の院(和歌山県高野町)
国泰寺(広島市西区)
官位 筑前守、従五位下・左近衛権少将、従四位下・参議、従三位・権大納言、正二位・内大臣、従一位・関白、太政大臣、贈正一位
主君 松下之綱 → 織田信長 → 秀信
氏族 木下氏([諸説あり]平姓 あるいは 宇多源氏佐々木流)→ 羽柴氏(平姓 → 藤原姓(猶子)→ 豊臣姓(賜姓))
父母 父:不明(詳細は出自参照[通説]木下弥右衛門(竹阿弥、昌吉ほか)
母:大政所(天瑞院、なか竹阿弥、猶父:近衛前久
兄弟 日秀(三好吉房室)、秀吉、秀長、朝日姫(佐治日向守室 → 副田吉成室 → 徳川家康室)
正室:浅野長勝の養女・高台院
側室:浅井長政の娘・淀殿 他
石松丸、一女、鶴松、秀頼
養子:秀次秀康秀俊秀勝輝政長吉豪姫菊姫竹林院小姫糸姫
猶子:八条宮智仁親王近衛前子
特記
事項
馬印は「金瓢箪」。「一の谷馬蘭兜」は秀吉の代表的兜とされる。
花押豊臣秀吉の花押
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました