織田信雄

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
織田 信雄
(北畠 具豊 / 信意)
Oda Nobukatu.jpg
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄元年(1558年)3月
死没 寛永7年4月30日(1630年6月10日)
改名 茶筅丸(幼名)→北畠具豊→信意→信雄→常真(号)
別名 三介(通称)、御本所(尊称)
戒名 徳源院殿実巌常真大居士
墓所 群馬県甘楽郡甘楽町小幡の崇福寺
京都府京都市北区の紫野大徳寺
官位 従五位下、侍従、左近衛権中将、正五位下、従四位下、中納言、正三位、従二位、正二位、内大臣、伊勢国司(知行国主)
主君 織田信長→秀信→豊臣秀吉→秀頼→徳川家康→秀忠
大和国宇陀松山藩主
氏族 織田氏→北畠家→織田氏
父母 父:織田信長
母:生駒吉乃
養父:北畠具教
兄弟 信忠、信雄、信孝、羽柴秀勝、勝長、信秀、信高、信吉、信貞、信好、長次、信正他
正室:千代御前(雪姫)(北畠具教の娘)
継室:木造具政の娘
側室:織田長利の娘など
秀雄、小姫(豊臣秀吉養女、徳川秀忠正室)、於加爾、高雄、女(佐々一義室)、信良高長(信友)、信為、良雄、長雄、玉雄院(八重姫、土方雄氏室)、女(生駒(佐々木)政勝室)、女(生駒(吉田)直勝室)
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました