細川忠興

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
細川 忠興
Hosokawa Tadaoki.jpg
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄6年11月13日(1563年11月28日)
死没 正保2年12月2日(1646年1月18日)
改名 細川熊千代 → 長岡熊千代(幼名)→ 忠興 → 細川忠興 → 三斎宗立(号)
別名 与一郎(通称)、丹後宰相、丹後侍従、丹後少将
戒名 松向寺殿前参議三斎宗立大居士
墓所 熊本県熊本市中央区黒髪の泰勝寺跡
京都府京都市北区紫野大徳寺町の高桐院
官位 従五位下・越中守、従四位下・侍従、左少将、従三位、参議、贈正三位
幕府 江戸幕府
主君 織田信長・信忠 → 豊臣秀吉 → 秀頼 → 徳川家康 → 秀忠
豊前中津藩主 → 豊前小倉藩主
氏族 長岡氏、肥後細川氏
父母 父:細川藤孝(幽斎)、母:沼田麝香
養父:細川輝経
兄弟忠興、興元、伊也、幸隆、千、孝之、
加賀、栗
明智玉子
郡宗保娘、清田鎮乗娘、真下元家娘
長、忠隆、興秋、古保、忠利、多羅、万、立孝、興孝、松井寄之
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました