毛利秀元

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
毛利 秀元
毛利秀元.jpg
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正7年11月7日(1579年11月25日)
死没 慶安3年閏10月3日(1650年11月26日)
改名 穂井田宮松丸(幼名)→毛利宮松丸(幼名)→毛利秀元
別名 尊称:羽柴安芸宰相
戒名 智門寺功山玄誉大居士
墓所 東京都港区泉岳寺
山口県下関市功山寺
山口県下関市豊功神社
官位 右京大夫、甲斐守、正四位上侍従、正三位参議
幕府 江戸幕府
主君 毛利輝元→秀就
長門長府藩主
氏族 穂井田氏→毛利氏
父母 父:穂井田元清、母:妙寿院(村上通康の娘)
養父:毛利輝元
兄弟 宮鶴丸、秀元、宮吉丸、女(熊谷直貞室)、女(宍戸広匡室)、女(毛利元鎮室)
正室:大善院(豊臣秀吉養女・豊臣秀長の娘)
継室:浄明院(徳川家康養女・松平康元の娘)
側室:玄徳院、正福院、九品院、本光院
瑞鳳院、春高院
宮松丸、光広、元知、松菊子(毛利就隆正室)、宮子、今子、長菊子(永井尚征正室)、千菊子(山崎豊治正室)、万菊子(稲葉正則正室)、妻子、竹千代子(土井利長正室)
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました