黒田孝高

この記事は約0分で読めます。
スポンサーリンク
黒田 孝高
(黒田 如水 / 黒田 官兵衛)
Yoshitaka Kuroda.jpg
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
死没 慶長9年3月20日(1604年4月19日)
改名 小寺万吉(幼名)、祐隆、孝隆、黒田孝高、如水円清(法名)
別名 官兵衛(通称)、小官、黒官(略称)、如水軒(号)
神号 水鏡権現
戒名 龍光院殿如水円清大居士
霊名 シメオン
墓所 福岡市博多区千代の崇福寺
京都市北区の大徳寺塔頭龍光院
和歌山県伊都郡高野町の高野山奥の院
官位 従五位下、勘解由次官、贈従三位
主君 小寺政職→織田信長→豊臣秀吉→秀頼→徳川家康
豊前中津藩主
氏族 小寺氏、黒田氏(自称宇多源氏)
父母 父:黒田職隆
母:小寺政職養女
兄弟孝高、利高、香山妙春、妙円尼?
正室:櫛橋光
長政、熊之助、一成松寿丸
Wikipediaの情報はこちらから
タイトルとURLをコピーしました